アーキライン一級建築士事務所

事業例

■ 進行中      B House(B案)

[多機能な2つの中庭のある住宅] 敷地の高低差を利用し、地下1階、地上1階の計画とし、建物のボリュームをおさえて前面道路からの圧迫感を軽減した。 2世帯住宅の計画で、高齢者にとって生活しやすい計画とするために、敷地の高低差の壁が大きな問題となった。 完全には高低差の問題はクリアできていないが、階段の上り降りをリハビリと思って、いつまでも健康的な生活をして ほしいと願いを込めた。

2世帯間のお互いの気配や、存在を感じることができるようにし、さらに将来的な、家族構成の変化に対応できるような 空間構成とした。2つの中庭は、目的に応じて2つをつないで利用することも可能で、多種多様な利用の仕方もできる。

この中庭には、さまざまな機能がある。将来的な周囲の住宅の建設による採光空間、家族間のコミュニケーション、 家族間の気配や存在を感じられる、イベント等の利用、物干し・・・・等。 生活する中で、設計者の想像を超えるような使い方をしてくれることを期待したい。
地階平面

 

1階平面

 

外観パース

 

内観パース

 

内観パース

 

内観パース

 

アーキライン一級建築士事務所  〒811-4307 福岡県遠賀郡遠賀町遠賀川3-3-18
TEL・FAX:093-982-0097  E-mail:jpko@archiline-ads.com